離婚だけで済ませない!東出と唐田に忍びよる杏の壮大な復讐計画の一部を芸能記者が暴露!


最近の芸能ニュースを独占しているのが、女優・杏(33)の夫・東出昌大(31)の不倫問題だ。23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じたもので、杏が第3子を妊娠している2018年ごろから、映画「寝ても覚めても」で共演した新進女優の唐田(からた)えりか(22)と不倫関係にあったという。

杏は浮気の揺るがぬ証拠を入手し、その都度、東出に突き付けてきたというが、夫は改心せず。ついに堪忍袋の緒が切れた杏は今月上旬、東出を自宅マンションから追い出したという。

このニュースに対して世間のバッシングは激しく、東出に対しては、
・本当に東出君が嫌いになった。今までの不倫なんか比じゃない程、気持ち悪い。もう二人とも目につかないようにして欲しい。
・真面目そうに、仕事熱心に見えて中身はダルダル、幻滅って言葉がピッタリだな。
・大したイケメンでもなく、台詞も棒読み。強烈な個性がある訳でもない人でしたね。仕事も信頼も失って、ドン底まで堕ちてほしい。愛人だった女もご一緒に。

またお相手とされる唐田えりかに対しては、
・清楚な顔したビッ〇はくそほどタチ悪い。
・図太くて独占欲の強い女だな…顔見ると不倫の二文字がちらつくから真剣に芸能界から干されてほしい。
などと暫く収まる気配が見えない。

そうなると世間の関心は、杏が今後どういう行動をとるかに注目をしているのだが、壮大な復讐計画を立てて着々と遂行しているようだ。

●週刊文春への情報リーク

「文春の記事には当人しか知りえない情報がふんだんに盛り込まれており、杏さん本人、もしくは極めて近い人物によるリークがあったと推察される。となれば、文春が出た時点で杏さんは離婚は覚悟の上。

もっと言えば、夫も不倫相手の唐田も“ブッ潰してやる”ということだ」(スポーツ記者)そもそも、別居後すぐに文春に東出の別居先が特定されているのが不自然。

前出スポーツ紙記者曰く「別居後10日余りで新しいヤサが割れるなんてありえない。仕事部屋で使用していた可能性も考えるわけですから、そのウラ取りに時間がかかる。今回の文春の手際の良さは異常。やはり杏さんの周りから角度の高い情報がもたらされたと見るのが妥当だろう」

●東出が出演するCM3社契約解除となる可能性大

別居後10日というあり得ないほど早いタイミングにて不倫情報が報じられたことで、東出も唐田も大ダメージを負った。

東出が出演するCM3社は慌てて画像や動画を削除。それ以外にも始まったばかりの主演ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)にも甚大な影響を与えた。

初回放送(16日)で12%だった視聴率は、23日の第2話で一気に2.3ポイントも大幅ダウンし、9.7%だった。初回から数字を下げるドラマが多いとはいえ、この落差はお茶の間が東出を敬遠したとも解釈できる。

●お相手の唐田えりかへの復讐

お相手の唐田はもっと悲惨だ。彼女もまた、伊藤英明主演のTBS系ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』にレギュラー出演中だったが、第2話放送当日(24日)に出演自粛を発表。事実上の降板で、インスタグラムのアカウントも削除した。

唐田はインスタで“匂わせ”を連発していたため、アンチが急増中だった。彼女は韓国でも人気が高かったが、向こうでも不倫で『幸せな家庭を壊した』と非難ゴウゴウ。残念ながら、日韓両国で俳優として大成するのは不可能でしょう。女優廃業と言っていい」(芸能プロ関係者)

ようやく女優業が軌道に乗り始めたこの時期に廃業とは、大きな代償を負う事になるかもしれない。

東出&唐田を一瞬にして葬った今回の不倫報道。“最大火力”となるように、あえて2人の出演ドラマがスタートしたタイミングを狙ったようだ。

「杏さんサイドと文春が組んでやったとしか思えない。唐田さんは脇役だからいいが、東出さんは主演。途中で降板することもできないし、撮影もまた残っている。現場は完全シラケムードで、東出さんにとってはまさに生き地獄でしょう」(中堅芸能プロのマネジャー)

●あとがき

今回の不倫騒動には私自身もとても驚きました。東出さんは、本当に良いパパをしている姿が想像できるし、理想の夫婦だなと羨ましく思っていたからです。

しかし実際には、まだ10代であった唐田さんと不倫をしており、一度の過ちではなく継続的な不倫であったことから謝罪して済むような状況でないことは明らかだと思います。

ここは、杏さんの気が済むまで復讐劇が行われることを覚悟しないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました